日除けにロールスクリーンを

家のリフォームをして太陽光が入って便利ですよと言われて天窓を二か所に設置しました。完全に北側の洗面所と東向きの奥まった台所につけました。確かに冬場の暗い時期でも洗面所などでは明るくて便利です。多分これがなかったら電気を付けなければならない時もあります。しかしこれがあることで問題もありました。夏など暑い日は光が入ってきすぎて困ったことになったのです。それだけなら良かったのですが、昨今は紫外線の問題もあります。洗面所でも台所でも基本的にいる場所で紫外線の影響を受けていることになります。なにせ頭の上が開いているようなものです。気付くと大変なことだと思いました。さすがに家の中でまで毎日日焼け止めを付けているのも嫌です。そしてまずは台所の天窓にロールスクリーンの導入を検討しだしました。日除けにもならなければならないので遮光性のあるものにしなければなりません。

しかし日除け機能が高い物だと、総合的に言ってしまうと可愛い物がなかったのです。せいぜい無地のピンクなどが主で少々困りました。また業者さんに見てもらったら、我が家の天窓は少々ロールスクリーンを取りつけづらいらしく大工さんに聞いて取りつける枠を作ってもらわなければできないと言われてしまいました。しかし日除けは必要なのでロールスクリーンは検討中という事になりました。急を要するのは紫外線カット機能です。冬場はとりあえず日除けはしなくても大丈夫なのです。紫外線カットのフィルムが欲しい所です。ただ夏場に売っているただの透明フィルムが欲しかったのですが、冬場用の熱を逃がさないタイプの物しかあまり市販で売っていなくてそこでも困りました。ただ紫外線は毎日の問題なので、とりあえず冬用を貼っておかねばならないかなと思っています。本当はロールスクリーンも完全遮光だと部屋が暗くなってしまうので考えものなのです。光もある程度取って…とできれば一番いいのですが、酷暑のことを考えるとそうも言っていられないのが悲しい所です。夏場は天窓だけでなく窓全体が問題になることがあります。日本の住宅は大体南向きの窓が多いのが特徴です。

昔はそこまで暑くなかったので問題にならなかったのですが、最近の暑さは尋常ではないので、カーテンや障子でなく日除けになり半分開けたりもできるロールスクリーンの方が便利なのかなと思いました。しかしリビングなどはカーテンのこだわりがあるので今の所は保留されています。今後の暑さに注目するしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*